通販について

罠兎の商品 通販取り扱い店
■シルバーアクセサリー
ケンズショップ 
JAP工房

■根付・和小物
根津の根付屋 花影抄

|

2017.01.01

謹賀新年2017

あけましておめでとうございます。
今年も良い年でありますように!
2017


| | コメント (0)

2016.12.30

一つ目と三つ目のお化け。

さて、舌切り雀のつづらのお化けはタックピンにもしようと思っています。
Photo_6
Photo_7

Photo_8

ということで、今年はここまで〜。今年もありがとうございました!
皆様よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします!


| | コメント (0)

2016.12.28

舌切り雀の続き。

舌切り雀のつづらは少しづつ進んでますよ。
Photo_3

中身のお宝バージョンと化け物バージョンは大体組めました。
Photo_4
Photo_5

一つのつづらに両方詰め込むのでなかなか調整が難しい。

今年はここまで、続きは来年になりますね〜。

| | コメント (0)

2016.12.25

クリスマス2016

メリークリスマス!
かかあサンタと
Photo

三つ目のサンタ。
Photo_2

| | コメント (0)

2016.11.17

舌切り雀。

舌切り雀のつづらを作ってますが、年内には完成しないなぁ。
くるくるひっくり返せて、お宝バージョンと化け物バージョンとちらが出るかわからないってしたいです。
がんばります。
Img_6346

Img_6598

| | コメント (0)

2016.11.10

福ふぐ帯留。

帯留も色々作ってました。
根付はワックス鋳造で作ることがほとんどですが、帯留は一枚の板から打ち出す作り方をすることが多いです。
福の文字入りのふぐ。
Img_6188

Img_6190

寿の文字入りの亀。これは原型なので銅ですが製品はシルバーになる予定。
Img_6515

この顔作ってる時シン・ゴジラにハマってたのでうっすら蒲田くん顔の亀になったような気がする。
Img_6517


| | コメント (0)

2016.11.03

ねこ玉。

これもブログにアップしたつもりになってアップしてなかった緒締「ねこ玉」。
銀猫と黒猫。
1

3

2


2_2

1_2

後ろ姿がお気に入りです。
5


| | コメント (0)

2016.10.27

来年は酉年ですよ。

気が付いたら10月も後半になっていました。
そして気が付いたら何ヶ月もブログを更新してなかったという。
そんなこんなしている間に来年の干支、酉の準備をしてました。
通常より可愛さアップさせた顔にしています。
1

中をチラ見せ。
2

ということで、ハロウィンとかクリスマス飛び越して来年の干支作りしてました〜。


| | コメント (0)

2016.07.23

ベルリンアイアンについて。

ベルリンアイアンと呼ばれるジュエリーがあります。
「19世紀初頭戦争の戦費を賄うために民間から金などを徴収した代償としてプロシア政府が作り人民に与えた鋳鉄製のジュエリー、表面に黒漆をかけたものが普通」
とアンティークジュエリー本には書いてあります。
艶消し、やや艶ありの真っ黒なもので、透かし模様のデザインが多いです。華やかさはないけどマニア受けするジュエリーです。
といった記事をちょうど10年前に書いています。
10年前?!えっ10年前?そりゃ当時ガンプラ作ったりケロロ軍曹みたり銀魂観てた甥っこが成人するはずだよね〜。しみじみ。

閑話休題
ベルリンアイアンは19世紀初頭に作られたものだと約200年経っています。現存しているベルリンアイアンジュエリーは状態が良いものでもどこかに赤錆が沸いていたり、地金が折れていたりします。今はレーザー溶接機を使えば折れた地金を溶接することは出来るようになりました。その修理の後、赤錆を取り除き、仕上げに漆のようなものでコーティングします。
そこで、実際に漆を焼付けてみる実験をしてみました。というのが10年前のこれらの記事です。
ベルリンアイアン、実験。
ベルリンアイアン、実験2。
結局、質感はほぼ同じになるけれど、19世紀初頭のヨーロッパには漆はないよね、ということで漆のような何かが何なのかは調べないまま今に至っています。

そして最近このような論文があることを教えてもらい、読んでみました。
「ドイツにおける漆芸の発展と普及」
琥珀樹脂を使用した高品質なラッカーが1757年に考案された。
しかもベルリンはその漆芸品の主な産地だった。ということはベルリンアイアンにそのラッカーが使われていた可能性は高いのでは、と考えまして。
琥珀使って実験してみたくなりました。成功すれば完璧は修復が出来るじゃないですか!!

とはいえ実際ベルリンアイアンの修復はそんなに需要があるわけではないし、そこまで完成度を求められもしません。が、漆に憧れてヨーロッパが考案した漆っぽいラッカーを漆の国の人が作ってみるのもまた一興かなと。
実験結果はまたご報告します。
10年後になったりしてね。

| | コメント (2)

2016.06.14

展示のお知らせ。

日本橋三越本店 本館6階美術工芸サロンの現代根付作品特集 2016年6月15日〜28日
根付を2点出品します。
Photo

1

私は蛸とアンコウの2点出品します。海の幸シリーズ。
「福禄寿」と「かかあ大明神」作品名だと神様仏様シリーズでもありますね。
1_2

私は19日(日)と26日(日)の午後在廊してます。どうぞよろしく〜。

おまけ
日本橋といえば、鰹節問屋直営の立ち食い蕎麦屋「そばよし」、一度食べてみたいと思ってたので
この機会に行ってみようかしら。

| | コメント (0)

«旅するルイ・ヴィトン展