« マイフォト。 | トップページ | 金魚のワックス。 »

2005.06.15

秘蔵っ子2。

さて、秘蔵っ子第二弾。
前にもちょっと書いたことのあるローズカットダイヤモンド。
rosecut3

大きさは直径4mm弱ってとこ。写真が悪くてダイヤに見えないか、、、。ほんとはきらきらしてます。

rosecut4

これは、6mm-4mmの楕円。

まだダイヤのカットの技術が高くなかった頃のカットです。底は平で、上部だけカットが施されてるんです。だからブリリアントカットと比べると全くギラギラ感はないです。光の屈折率とか全く考えてない。しかし、さすが地球で一番固いものだけあって、こんなカットでも、他の透明な石(たとえば水晶とか)と比べるとカット面のシャープさの違いは一目瞭然。こんなカットだからこそ一目瞭然なのかも。
このローズカットもルース(裸石)ではあまり売ってません。アンティークジュエリーにはよく使われてます。ようやく一件ルースで売っているお店を見つけて買いました。

せっかくなのでアンティーク調のジュエリーに使いたいなー、と思って私にはめずらしくクロスモチーフ。
rosecut1

これはライオンに乗ったキューピッドのモチーフのプレート。素材は18金。
このプレートは自作ではなくて、アンティークのシール(印章)をワックスに型押しして、金で鋳造。それを使って作って見ました。シールとは、宝石に彫られたはんこ。封鑞に押したりしたので、押した時模様が浮き出るようになってます。このプレートは押したものを型取りしているので模様か浮き出ています。契約の時とかにも使われたので、紋章の柄などが多いようです。インタリオと何が違うの?というとインタリオというのは彫りの技法のことでインタリオ(陰刻)された石を使ってシール(印章)が作られているということです。

mimizuku1

このフクロウ(ミミズクか?)は紋章の一部を切り取って使ってます。これはシルバー。
ブラウンダイヤだから畏まりすぎなくて、普段でも着けられるかんじ。

mimizuku2

ピアスはゆらゆら揺れるとダイヤがキラキラしてきれい。
mimizuku3

このシリーズは人気があって作ってもすぐに売れてしまいます。修理品を持ってきたアンティーク屋さんが買ってくれたり、毎年彼女の誕生日プレゼントに買いにきてくれる男性がいたり。今は商品ないですが、また作ろうと思ってます。どんなモチーフの彫られているシールに合わせようか、考えるのも楽しみの一つ。ケンズショップさんがシールのコレクション持っているので、それを使わせてもらってます。亀の模様の紋章もあったりする。どんな人の紋章だったのだ、、、。

|

« マイフォト。 | トップページ | 金魚のワックス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67537/4462559

この記事へのトラックバック一覧です: 秘蔵っ子2。:

« マイフォト。 | トップページ | 金魚のワックス。 »