« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.25

夏ですなぁ。

東京は真夏日でございます。非常に暑い!
natu

久しぶりにラムネ飲んだ。けっこううまい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.06.24

スルメのようになってしまいました。

さてと、金魚を鋳造に出してる隙にiPod miniのケースでも作ろかね、と思いましたら、使用予定の0.6mm厚の銀板がないことに気が付いた。しょうがないから1mmの板をローラーで薄くしよう。
roora

これがローラー。うちのキッチンには唐突にこれが置いてある。うちはキッチン工房ですの。だって他に置く場所ないんだもん。冷蔵庫にはシリコンなどが入っていたりもします。キッチンの棚開けると硫酸も入ってます。ちょい危険。
iPod miniはそれなりの大きさがあるので、自作の銀板で作るのはちょっと不安だなぁ、、、と思いつつ板を0.6mmの厚さにしたのですが、
ginban

この通り、火をかけたら、ぐにゃぐにゃ反る。平に直しても直しても火をかける度に反る。火かけてる間中ウニャニャ反ってちょっと楽しいぞ。
なんて言ってられないな。 
自分でローラーで延ばした地金って圧力の掛け方が一定じゃないので火をかけると反っちゃうことが多いのです。これじゃあ、箱型を作るのは無理っぽい。
市販の板は機械で一気にのばしてるので、ここまで反らないような気がする。

まぁ、板買って来て再挑戦だなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.20

金魚のワックス。

金魚ピアス制作中。早くしないとシーズンが終わってしまう。
んで、ワックス彫ったのは出来た。
wax2

青い。ちょい不気味だが、ワックスってこんな色。固さによって色は違う。この他、緑、紫などあります。要は鑞なので、簡単に彫刻していける。私はおおまかなとこは、彫刻刀などで彫って、細かいとこは針を改造した自作の道具で彫ってます。ワックスも自分の使いやすいように色々ブレンドして使っている人もいます。私は市販してるのをそのまま使用。ワックスの固まりから彫りだしてます。
目は鋳造して銀になってから入れるつもり。ペンダントやリングみたいにルビーいれる予定。
wax1

ペンダント、リングとお揃いにするので、金魚の向きが違うだけでデザインはほとんど同じ。でも大きさはちっちゃくなってるよ、かなり小さくなってるの。耳に着けても耳たぶ伸びない重さにしないといけないから。重いのを「福耳養成ピアス」として売るという手もあるが。

ワックスって特別な道具がなくても、彫金やったことなくても彫れるので、やってみると楽しいと思う。彫金とかに興味がある人はとっかかりにはぴったりだと思います。
鋳造してくれる業者はネットで調べれば何軒もあるし、一個でもやってくれるし。たぶん、細かいことするの好きな人ははまると思うな。
金魚ピアスはあと2週間ぐらいで完成する予定。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.06.15

秘蔵っ子2。

さて、秘蔵っ子第二弾。
前にもちょっと書いたことのあるローズカットダイヤモンド。
rosecut3

大きさは直径4mm弱ってとこ。写真が悪くてダイヤに見えないか、、、。ほんとはきらきらしてます。

rosecut4

これは、6mm-4mmの楕円。

まだダイヤのカットの技術が高くなかった頃のカットです。底は平で、上部だけカットが施されてるんです。だからブリリアントカットと比べると全くギラギラ感はないです。光の屈折率とか全く考えてない。しかし、さすが地球で一番固いものだけあって、こんなカットでも、他の透明な石(たとえば水晶とか)と比べるとカット面のシャープさの違いは一目瞭然。こんなカットだからこそ一目瞭然なのかも。
このローズカットもルース(裸石)ではあまり売ってません。アンティークジュエリーにはよく使われてます。ようやく一件ルースで売っているお店を見つけて買いました。

せっかくなのでアンティーク調のジュエリーに使いたいなー、と思って私にはめずらしくクロスモチーフ。
rosecut1

これはライオンに乗ったキューピッドのモチーフのプレート。素材は18金。
このプレートは自作ではなくて、アンティークのシール(印章)をワックスに型押しして、金で鋳造。それを使って作って見ました。シールとは、宝石に彫られたはんこ。封鑞に押したりしたので、押した時模様が浮き出るようになってます。このプレートは押したものを型取りしているので模様か浮き出ています。契約の時とかにも使われたので、紋章の柄などが多いようです。インタリオと何が違うの?というとインタリオというのは彫りの技法のことでインタリオ(陰刻)された石を使ってシール(印章)が作られているということです。

mimizuku1

このフクロウ(ミミズクか?)は紋章の一部を切り取って使ってます。これはシルバー。
ブラウンダイヤだから畏まりすぎなくて、普段でも着けられるかんじ。

mimizuku2

ピアスはゆらゆら揺れるとダイヤがキラキラしてきれい。
mimizuku3

このシリーズは人気があって作ってもすぐに売れてしまいます。修理品を持ってきたアンティーク屋さんが買ってくれたり、毎年彼女の誕生日プレゼントに買いにきてくれる男性がいたり。今は商品ないですが、また作ろうと思ってます。どんなモチーフの彫られているシールに合わせようか、考えるのも楽しみの一つ。ケンズショップさんがシールのコレクション持っているので、それを使わせてもらってます。亀の模様の紋章もあったりする。どんな人の紋章だったのだ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

マイフォト。

サイドバーのマイフォトアルバムに今まで作ったものをまとめて見ました。ブログで紹介しているもの以外の作品もあるので興味のある方は見てください。
ブログで紹介しているものは、罠兎のオリジナル商品だったり、私の趣味まっしぐらの小物だったりしますが、その他にも色々作っています。今後も少しずつですがアルバムに入れていきますので、時々のぞいてくださいませー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.08

秘蔵っ子。

私の秘蔵の石をご紹介。
これはガーネットのインタリオ。
intaglio1

intaglio2

インタリオというのは、陰刻、つまり石に模様を彫り下げているもののこと。
反対に浮き彫りになっているものがカメオ。カメオは今でもシェルカメオなどよく見かけますが、インタリオのルース(裸石)は中々ありません。
アンティークジュエリーなどではお目にかかりますが、古い物になると紀元前にまで遡れます。そういった物は値段も高くてとてもとても手が出せないです。
このインタリオは19世紀のイランの物。たぶん古代物の復刻版といったかんじでしょう。ヨーロッパのインタリオに比べると彫りも洗練されていなくて稚拙なかんじ。そこがいいなと思ってます。
上はライオンが獲物を捕えている図柄。下は人物ですが、顔が2つあるちょっと不思議な図柄。もしかしたら神話とかがモチーフなのかもしれないです。
これは両方とも去年のミネラルフェアで手に入れたもの。何年も探してようやく手に入りました。
ということで、いざ加工しようと思っても、なかなか満足いくものが出来なくて、、、。

続きを読む "秘蔵っ子。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.06

全仏オープンテニス記念2。

男子シングルスの決勝戦は面白かった!!ナダルすごい!若いってすごい。
おばちゃん、ちょっとファンになりました。あのテニスウェアはどうかと思うけど、、、。
nadaru

ファンになりましたでこの写真はどうかと思うけど、、、。
いやー、おかげで今日は寝不足。
女子シングルス決勝はあまりにも一方的でちょっと物足りなかったなぁ。

次はたぶん、ウィンブルドン記念に続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.05

ミネラルフェア。

さて、今年もやってまいりました。一部マニアには有名な「東京国際ミネラルフェア」。
何かというと、化石、鉱物、隕石、ジェムストーン(ジュエリーとかに使える宝飾用の石)の展示即売会です。そして、化石鉱物好きな人々、ジュエリー関係の人々、恐竜好きなお子様、などなどが集まるのでこんなかんじの大盛況。
hitohito

国内外からディーラーが集まっているので、普通の石屋ではないような掘り出し物もあったりします。ニホンザルの全身骨格を売っていてちょっと欲しかったですけど、、、。鳥の全身骨格標本ってどっかに売ってないかな?欲しいな。仕事で使える石を探しに来たのに、けっこう他のものも面白い。しかーし、ちょっと胡散臭い物もなかにはある。特に化石とかは値段の相場も知らないし、本物なのかレプリカなのか見分けがつかないのでちょっと手を出しにくいな。
今回は目当ての石は見当たらず残念でした。ちゃんと全部をじっくり見ようと思ったら一日じゃ足りないかんじです。6月7日までやってるのでもう一回行きたいなぁ。でも無理かなぁ。
kaseki

こんな化石のレプリカも売っている。でかいよ。
興味のある方は行ってみるのも楽しいですよ。新宿の第一生命ビルのスペースセブンというとこで7日までやってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.06.04

打ち上げです。

さてさて、今日はkogoro氏の個展 Nurseglove展の打ち上げがありました。
スタッフ皆にプレゼントが用意されておりまして。
男子用はこれ。
utiage

utiage2

飲食店内でいきなりショットガンを構えだす集団。やばいです。

そしてこれには一人一人名前が入ったプレートが取り付けてあります。
gun

plate

こんなかんじ。エッチングで作ったプレート。
THE MONKEY FARM CLAN ってのはMonkey Farm一味ってかんじの意味です。
この他にkogoro先生お手製のペーパーナイフも。いいなぁ。
でもナイフとショットガン持って騒ぐかなり怪しいお客となってました。

で、女の子用はこれ。
mfpen1

罠兎特製モンキーファームペンダント。名前とそれぞれの誕生石が入ってます。
これは6月のムーンストーン。6月の誕生石はパールのほうがメジャーですが、若い女の子だからブルームーンストーンにしたさ。
mfpen2

こんなケースにしてみました。
とりあえず、喜んでもらえて、ほっとしました。
この他に、個展のドキュメンタリーを撮影したDVDもプレゼント。監督さんお疲れさまです。
バタバタしてもらうの忘れた、私、、、。今度もらおう。

んで、私にも女子用か男子用をくれるって太っ腹kogoro氏が言ったんだけど、自分で自分の誕生石入れたペンダント作るのもなんか悲しいので、男子用ショットガン貰ったさ。自分でプレート作って自分で貼ってるんだけどさ(笑)。ああ、これ持つと何かを撃ちたいって気になるよねぇ、、、。ああ、撃ちたい。

打ち上げも終わって、楽しいイベントがついに終わってしまったかんじでちょっと寂しいですねぇ。
でも、普段なら余り会う機会がないような色んな仕事の色んな世代の人達と出会えてとても楽しかったなぁー、としみじみと思う「おっさんチーム」改め「ファーストガンダム世代」の罠兎です。
だって、20歳前後の女の子スタッフは「アムロいきます!!」って安室奈美恵のことだと思ったって言うんだよぉー(涙)。
何はともあれ、皆さんお疲れさま。kogoro氏、本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.02

どうする、私。

さてさて、ペンダント猿が一個、急に必要になったんですよ。
「急ぎで申し訳ないんですけどぉ、、。」って言われて、「あ、大丈夫ですよー。」って元気に言ったんですよ、在庫あると思って。
調べたら、
、、、、無いし、在庫。在庫どころか、鋳造上がり吹きっぱなしの白いのも一個も無いし。
これから鋳造出してたら全く間に合わないし、どうするよ。今更、納期延ばしてもらうのもなんだしなぁ、、、。
で、思い出した。

これならあるじゃん。

barase1

そう、これの売りは、ほんとに組み立てられること。


ほんとに組み立てられること、、、。

ほんとに組み立てられること!


barasita

てへ、ばらしちゃった。
組み立てられますと言ってるからには、まずは自分でばらして組み立ててみないとね!
ニッパーでも切れますが、糸鋸持ってるならば、糸鋸で切った方がきれいです。

kasimeta

棒を刺して、叩いて、手足をかしめろ!

dekita

出来上がり。ねっ、簡単。

っていうか、ちゃんと在庫チェックしておきましょう、と反省。
と共に、枠の使い道を真剣に考えねば。

とりあえず、「組み立て可能プラモデルペンダント、涙の実演」終了。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »