« プードル。 | トップページ | プードル完成。 »

2006.02.01

りぼんは続く。

とりあえず、ここまで出来た。
納期ももう少し延ばしてもらった。
もぉー、これでチェーン付けて完成でいいじゃーん。と思い始める今日この頃。
ribon2

そういう訳にもいかないようなので、リボンにパールを留める準備。
パールを半分に削ります。
ハーフパールって言って、アンティークではよくこういうパールが入ってます。
小さくて持てないので、爪楊枝に半円のくぼみ作って、そこにパール入れて、アロンアルファで固定して削ります。
peal1

リボンの幅に合わせて、パールを選ぶ。
peal2

で、このパールの留めは、彫り留め屋さんに頼みます。
私は彫りは素人なので、ちゃんとしたものは、やはりまだまだプロに頼まないとだめっすねー。
ということで、土曜日に上がるって。
多分、パールが留ると、アンティークっぽい印象が強くなるはず。
楽しみー。

|

« プードル。 | トップページ | プードル完成。 »

コメント

ほぉ~・・あんなに小さいパールを半分にって凄いですね。どういう物で切断するんですか?パールって何層にも重なり合ってできてるもんだって聞いた事があるのですが、パラパラと崩れてきたりしないものでしょうか?細かいですねぇ・・・一枚目の画像でも完成なのかと思ってました。綺麗ですねぇ~。どんな女性が付けるのかとか想像してみましたが、私のような女性では無いことは確かだなと、思いました。とさ。

投稿: sao | 2006.02.01 00:51

いつも拝見していましたが、こんなことまで出来るんですね。

ここまでくると、器用というより『能力』みたいなものを感じます。

次は「お米にお経を書く」のをぜひパールで。ほんのりダークな罠兎さん(ゴメンナサイ)、楽しみにしてます。

投稿: kotoli | 2006.02.01 02:42

うぉっ。ゴージャスになりましたね。こうやって作業を写真付きで追うように見れることなんて滅多に無いので、「今は何やっているんだろう♪」とついつい頻繁に訪ねて来てしまいます。しかし....細かい作業ですな。目が悪くなりそう。

投稿: mya | 2006.02.01 10:44

いや~「爪楊枝の先にくぼみ」のあたりで,ウォーターラインシリーズを思い出してしまいました。
駆逐艦の対空機関砲ディテールアップするのに,爪楊枝のお尻に穴あけて,そこに部品差し込んで作業したことがあります。
しかし塗装したらつぶれて見えなくなってしまったという・・・
背後に「ちまちま」というオノマトペが見えそうな作業ですね。

投稿: A-WING | 2006.02.01 10:55

パール抜きで『完成』って発表しても十分だと思いますが・・・
まだまだ、読みが足りないのでしょうか?

細かい作業だと、結構あちこちお疲れになると思いますが、あとひと山。

ファイトぉ~ いっぱぁ~つ

投稿: taen | 2006.02.01 14:25

手先が器用ってすばらしいですね。
パールは半分に「割る」んじゃなくて「削る」んですね。
もったいない。

ケロロ軍曹読みました。
ファースト世代にはうれしい読み物ですね。
やっぱりガンダムに羽なんて生やしちゃダメですよ。

関係なくてごめんなさい。

投稿: 乃木 | 2006.02.02 19:32

やってますね~♪
しかし、兎の姉さんが「素人なのでまだまだプロに頼まなければ…」って言っててもホンマもんの素人から見れば立派なプロに見えるんですけど(笑)
西陣織みたいでいいじゃないですか! いろんな職人さんの手を経て世に出てくるみたいで!!

ケロロ軍曹にガンダム?? ちょっと反応してしまいました。
こんど読んでみょ…

投稿: kume | 2006.02.03 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67537/8424561

この記事へのトラックバック一覧です: りぼんは続く。:

« プードル。 | トップページ | プードル完成。 »