« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.31

桜の森の満開の下。

東京は桜咲きましたねー。
うちの近所のお寺も、もうすぐ満開ってかんじ。
Saku2

お寺に隣接してる公園もほぼ満開。
Saku3

桜のトンネルなのだ。
Saku4

ちょっとウキウキ。

でも、坂口安吾の小説じゃないけど、満開の桜ってちょっと妙な気分になるよね。
特に夜桜。妖しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.30

腱鞘炎、その後。

腱鞘炎で、整骨院通いは続いてます。
と言っても、遠いので週一でしか行けないのですが。
今回三回目。毎回オーリングテストします。

で、ほとんど炎症は治まっているけど、後遺症があるんだって。まだちょっと痛い。
ぶよぶよ薬を一個貼るだけになったのですが、どうしても手首は動かしてしまうので
固定されてしまった。やはり、このほうが治りは早いって。
Tekubi

治りかけなのに、大げさな姿に。
Tekubi2

お湯で柔らかくして、手首にそわせて、冷えたら固まる樹脂ですな。Tekubi3

ちょっと楽しかった。
固定したほうが、楽だし。
来週ぐらいで完治しそうだな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.03.28

前髪炎上。

アンティークのものすごく細い金のチェーンが切れたを繋ぐ
という修理をした。
まぁ、そこそこの細さなら、別にどうってことないんだが。
尋常じゃない細さ。そりゃこんなの使えば、切れますよ、普通。

他の部分にローがはみでたら、チェーンが固まってしまう。
火が強いとチェーンが溶ける。
肉眼じゃあ、よく見えないし(別に老眼じゃないのよ、普通に見えないぐらい細いのよ)
キズミ(目にはめて使うルーペ)で見ながらじゃないと、ロー付け出来ない。

ということで、火と自分の顔の位置がかなり近いということがイマイチわかっていなかったようで、前髪に火が燃え移ったのさ。
前髪ちょっと焦がしちゃったー、とかは日常茶飯事なんですけど、ぼぉっ!メラメラと燃えたので、さすがにびびった。久しぶりにびっくりした。
左側の前とサイドの髪がちりちりになったぐらいで済んだけど、まだ焦げ臭いよ。
眉毛もちょっと焦げたか。火傷はしなかったから、よかった。
火を使うお仕事の人は気をつけましょうねぇ、彫金程度の火でもナメたらいかんね。

ちりちりになった部分、自分で切ると、かなりおかしな髪型になりそうなんですけど、やっぱ美容院行くべきですよねぇ。
やだなぁ、「髪の毛燃えちゃった、てへ。」って言うの、、、。

あと、プラチナのものすごく細いチェーンも一本繋がないといけないのよねぇ、、、。
こういう時だけ、体の大きさ五分の一ぐらいにならんかなぁ。
耐熱の指とかも欲しいなぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.03.22

腕時計その2。

腕時計買っちゃった。
こんなの。
laco1

ケース直径36mm。なんとか着けられる大きさ。
機械式、手巻き。ドイツのメーカーの「Laco」っていう時計。
裏がシースルーになってる。
laco2

ああ、機械が見えて素敵。

とりあえず、名札付けときました。携帯に付けてたものを使い回してますが、、、。
laco4

追々、ベルトも改造予定。
ああ、楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.16

仕事しすぎ?

年明けからずっと左手首が痛いなぁと思っていた。
とりあえず、気のせいだということにしておいた。
引っ越しの手伝いやらなんやらしたら、本格的に痛くなった。
左手首が痛い。薬指と小指に力入れると痛い。手首反らしても痛い。ちょっと腫れてるし。
利き腕なので、ちょっと不便。
どうやら腱鞘炎っぽいみたい。
病院行っても、湿布して、テーピングして、あんまり使わないようにって言われるだけらしい。

ので、ケンズショップ御用達の整骨院に行って来た。
ここの治療は、ちょっと変わっていて、オーリングテストというのをして、痛みの原因箇所を探して、そこに薬貼るって治療をするそうだ。けっこう色んな人が紹介されて行ってるけど、かなり評判がいいので、私も今回初体験。
tekubi1

おっ、ケガ人っぽい(笑)。

tekubi2

先生に「仕事のしすぎ?」と聞かれたけど、そんなに酷使してる気はしないしなぁ。
私ってば、意外とか弱い?てへ。

とにかく、仕事にも支障が出るので早く治るといいなぁ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.03.15

腕時計。

ケンズショップの親方は、よく「靴といい、洋服といい、おっさんをなめてる!」と怒っています。
確かに、女性の洋服、靴、バッグは色んなデザインがあって、価格もお手頃なのもあるよな。
男性、特に、おっさん世代のはねぇ、、、。なめてるとしか思えない物未だに売ってるからなぁ。
かっちょいいデザインだと、ものすごく高かったりするし。

が、しかし。
腕時計の関しては「女をなめてる!」と思うぞ。
「かわいくて、キラキラさせときゃいいだろ」と思ってる、絶対!
メンズのは、ものすごくかっこいいのに、同じシリーズのレディースになると、全然かっこよくない。
それなら、メンズ用買えばいいかというと、ケースの直径が42mmとかいう大きさでして、「目覚まし時計着けてるの?」というほど、でかい。

確定申告も無事終わり、自分にご褒美という言い訳のもと、腕時計買いたいなぁと思っているのですが、、、。

これ、一番欲しいの。ジュリアーノ・マッツォーリがデザインした「マノメトロ」。
でも、直径45mmもあるので無理。
しかもレディースないし(怒)。
manometro2

他にも、いいなと思う時計はあるにはあるのだが、
とにかく、大きすぎて女子には無理無理。

ボーイズサイズの気に入った時計を探し中。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.03

金魚好き。

久々にシルバーアクセ。
でも、最近のじゃなくて、かなり前に作ったもの。
金魚なんですが。
赤金魚、黒金魚。
kingyo1

kingyo2

これはシルバーにエポキシ樹脂で色を入れたもの。
元々、テキスタイルデザイナー(布のプリントとか織のデザインする人)あがりなので、金属ばかりいじっていると、色とか平面のデザインが恋しくなってくるのです。
いいよねぇ、色って。
ほんとは七宝焼きで色を入れたいところだけど、技術が伴わないので、樹脂で。

kingyo3

kingyo4

しかし、あまりにも手間がかかるので、商品としては、かなりつらくて、今は生産終了しています。
とほほ。注文があれば作るという形にしました。
でもでも、やっぱり色を着けるって楽しいな。これからも何か作っていきたいわぁ。

余談。
これ、某アンティーク屋さんが何個か買ってお店に置いてくれたのですが。
黒金魚のリングを美川憲一が買って行ったんだって。

ううーん。
微妙、、、。
うれしいは、うれしいんだけどさ(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.03.02

基本は四の字固め。

きょうだいといえば、最近仲良くなった女友達と話してて気が付いた。
私は気が合う女友達って、お兄さんがいる子が多いのですな。
地元の友達でもそうだし、東京来てからの友達も、圧倒的にお兄ちゃんのいる「妹」ってのが多い。
私も兄が二人の末っ子という兄妹構成だったからなのかなぁ。

んで、小さい頃いかにひどい目にあってるかという話で盛り上がった。
うちの場合は兄が二人いたから、もう大変。
顔面パンチで鼻血ブーとか、腕引っぱられて脱臼とか、喧嘩して、鍵がかかるお風呂場に逃げ込んだら、すりガラスのドアを蹴破られたりとか。
まぁ、その割に大きな怪我はしなかったんだけどね。骨折したことないし。この前頭切って獣医さんに縫ってもらったのが、初縫合だったし。

で、妹の皆さんは、それぞれ色んな目にあっているようですが、どうやら四の字固めかけられるのは基本らしい。
プロレス技の実験台にされるのは、お兄ちゃんを持った「妹」の宿命。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »