« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.30

ということで、ボタン作り。

で、私は洋服は作れませんので、せめてボタンは手作りに。しかも銀で作るよん。贅沢だなぁ。
今回はシートワックスとスプルーワックスという線状のワックスを使います。
ピンクのがシート、青いのがスプルー。
どちらも柔らかくて、手でグニャっとなります。
シートワックスをカッターで丸く切って、周りにスプルーワックスを巻きます。
3_4

横のボタンは木製。これに銀で作ったものを重ねるか、銀のみにするかは、後で考える。

スプルーワックスはこんな風に好きな形に簡単に出来るので便利。
4_4

シートワックスの上にスプルーワックスを乗せて、接点を溶かし付けしていくと、こんなかんじに模様が描ける。
5_4

今回はぶっつけ本番で、下書きなしで適当に描いてみました。そのほうが面白いしー。
渦巻きフェチなので、巻いて巻いて、巻きまくり。
銀になると、どうなるか?
お楽しみー。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.05.22

おかんとコラボる?(笑)。

さて、夏っぽくなって来ました。

ということで、服も夏っぽくしたいなぁ、ということでエスニックなバティック(ろうけつ染め)のチュニックなる服を購入。こういうのをチュニックというのかー。はじめて知った。
こんな服。
Photo

さらに、エスニック屋さんで、エスニックな布を購入。
こんな布。たぶんこれもろうけつ染め。
Jpg

それを静岡の母に送る。

と、その布で、買った服と同じものが出来上がってくるのですよ。
うちの母は洋裁が得意、っていうか昔はそういう仕事してたので、ほとんどプロ。
自分の洋服はほとんど自分で作ってる人なのです。体がちっちゃいので、市販のサイズがなかなかないし。

ということで、私は時々、気に入ったデザインの服と同じデザインの服を作ってもらいます。
一緒に住んでいないので、寸法とか細かいラインとか指示しづらいので「これと同じに作って」というのが一番失敗がなくてよいのです。
これがけっこう楽しい。布選ぶのとか、ボタン選ぶのとか。
母も洋服作るの好きなので、サクサクッと作ってくれます。

んで、今回は襟の飾りのボタンは自作しようと思っているのだ。
出来上がってくるのが楽しみだー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.19

次は父の日。

母の日リングは気に入ってもらえたので、よかったよかったなのですが。
その時の母からの情報によると、どうやら父ちゃんはキーホルダーが欲しいらしい。

そういえば、父ちゃんになんか作ってあげたことないなぁと。
男の、しかも背広にネクタイのサラリーマンじゃなくて、という人には何を作るかなぁと思って今まで手作りの物ってあげてなかったのだな。

キーホルダーはいいかもね!
ってことで、仕事の合間になんとなく考えておこう。

ちなみに、プレゼントすると喜ばれるのは、こんなキーホルダーなんですが。
2_5

金具が馬蹄の形をしています。馬蹄は幸運のお守りなんだって。
キーの通し方が面白い。
ちょっと考えないと通し方がわからないところが、男子には好評らしいです。
と言っても、これはケンズショップの親方考案の金具。
うーん、単純な作りだけどよく出来てるなぁ。

でもなぁ、やっぱ自分で考えたのあげたいしなぁー。
どんなのが使いやすいのだろうか???

作りかけて放置している猿と兎のキーホルダーも、金具で煮詰まってるし、使いやすくて面白いのって難しいのぉ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.05.14

母の日。その2

で、なんとか完成。
5_3

お月さまみたいで、かわいいんじゃない?
脇にちっこいけどダイヤを入れました。ダイヤの周りだけ金にしてアクセントをつけた。

4_3

かなり大ぶりのリングだけど、大ぶりなの好きだから、たぶん気に入ってくれるはず。

今日宅急便で送ったので、一日遅れにはなりますが、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.05.10

母の日。

さて。
今度の日曜日って母の日ですな。
私はいつも手作りジュエリーを贈ってます。花とかはお義姉さんが贈ってるし、母はアクセサリー好きなんすよねー。イヤリングよりピアスの方がいいのがいっぱいあると言って60歳過ぎてからピアスの穴開けた人ですから(笑)。

んで、今回はマベパールという半円形のパールを使ったリングを作る。
1_3

直径15mm、紫がかった色できれいです。

2_4

3_3

リングはこんな。地金はシルバーにします。
イメージは蓮の花。
時間がないので、すぐに鋳造出さないとー。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »