« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.23

ベルリンアイアン。

ベルリンアイアンと呼ばれるジュエリーがあります。
「19世紀初頭戦争の戦費を賄うために民間から金などを徴収した代償としてプロシア政府が作り人民に与えた鋳鉄製のジュエリー、表面に黒漆をかけたものが普通」
とアンティークジュエリー本には書いてあります。
艶消しの真っ黒なもので、透かし模様のデザインが多いです。華やかさはないけどマニア受けするジュエリーですな。

でだ、見てる分にはいいのだが、修理するとなると、これが大変。火をかけてロー付けしたら表面の綺麗な黒色が消えてしまうでしょ。でも元の通りの色にする方法がわかりません、、、。

さすがドイツ。わけわからん物作ってくれやがる!しかも鋳鉄だからアルゴン溶接きかんしよぉ。

なんで、こんな愚痴をこぼしてるかというと。
今、ベルリンアイアンのチェーンというものをお預かりしていまして、それは黒色がはげてきてしまっているので、元のマットな黒色に出来ませんか?という依頼。
黒漆かけるって書いてあるけど、どうゆうこと??何かを塗って黒くしたというかんじではないし。
で、お手軽に黒くするためにメッキや、塗装はしたくない。
出来る限り元の技法に近い方法をとりたいのだ。
でも技法はわからんのだー。どこかに知ってる人おらんかな。

鉄の黒染め液でいけるのかなぁ、と調べていると、鉄道模型や、ゴルフのクラブを黒くする方法や薬品のページがヒットした。面白ーい、ゴルフのクラブのは使えるかも!モデルガンとか模型のページがヒットするのは予想出来たけど、ゴルフは意外だったなー。
でも、同じ質感になるかは試してみないとわからんよねぇ。
うまくいったら、せっかくだから鋳鉄のリングとか作ってやる!
んで、ベルリンアイアンといって売る(うそです。)

日本の刀の鍔とかも、真っ黒な仕上げしてあるけど、どういう処理をしているのだろう?
金属の色上げというのは、金工の伝統工芸の世界では多々使われている技法ですが、残念ながら私はあんまり詳しくない。ジュエリーではそういう手間のかかる技法は使えないから、だんだん廃れていってしまうのかなぁ。

ベルリンアイアンも詳しい技法は今ではわからなくなってるんだろうな。
もったいない話だなぁ、、、。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006.06.17

翡翠のお猿。

アルゼンチン強い!
W杯のアルゼンチン対セルビア・モンテネグロ観て、興奮!
6-0の一方的な試合だったけど、私のようなにわかファンにはわかりやすくて面白い試合だったなぁ。
何回説明聞いてもオフサイドが理解出来ない私でも楽しめた!
どっちのチームにも思い入れがない試合は楽しんで観れるしね。日本の試合はハラハラして落ち着いて観れません。
特にアルゼンチンの2点目がよかったっすよー。パス回しがすごいっすよー。
メッシって若造もすごいっすよー。たぶんサッカーの神様が憑いてるな。
アルゼンチン対オランダも観たいっす!

あ、そうそう本題は翡翠の猿の方。
Saru

猿です。ウキキ。
Saru2

裏の模様は「申」の象形文字をちょっとデザイン化したものです。

3_6

大きさはこんなかんじ。
本当は兎があればよかったのですが、なかったのよねぇ。残念。
以前は翡翠というと、私の中では年配の人がするものというイメージがあったのですが、使い方変えれば年齢はあんまり関係ないな、と思うようになりました。今はかなり好きな石。金魚が彫られた翡翠が欲しいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.15

翡翠。

はい、夏の新作です。
一昨年ぐらいのミネラルフェアで買って、温存しておいたというか放置しておいた翡翠を使ってペンダント作りました。一点物。
Tori

たぶん鶏が彫刻された翡翠。酉年なので買った。
Tori2

裏はこんなんなってます。
ダイヤもきらりと入ってます。
猿が彫刻されてるのもありますが、画像が壊れてしまったので、それは後日アップします。

いつも出来上がったら試しに自分で付けて反応を見るのですが、今回はその時点で売れちゃいました。
基本的に自分が欲しいものを作るということにしてるので、一点物は売れると嬉しいけど、ちょっと惜しい(笑)。「ほんとは売りたくないでしょう?」とお客さんに言われたこともあるです。
でもまだ、お猿のは売れてないし。夏中に売れない場合は私のもの。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.06.10

湯島天神。

本郷三丁目にある石屋さんに行った。
んで、その後御徒町に行こうと地下鉄乗ろうと思ったのだが、歩いて行けるんちゃう?
と思って御徒町まで散歩することに。
春日通りという大きな道沿いに歩いていけば、20分ぐらいで着くだろう。
んが、
060607_15490001

いけない、神社仏閣に引っかかってしまった、、、。
途中に湯島天神がありましたー。神社仏閣好きとしては素通りは出来ないさっ。
天神様といえば、菅原道真、学問の神様ですね。
せっかくなので、合格祈願。
今は学問の神様の天神様は菅原道真の祟りを畏れて祀ったのが始まりなのです。
日本の神社の祭神は不遇の死を遂げた人という場合が多々あります。祟りを畏れて神様にしちゃうという。政敵を死に追いやって権力を握ったはいいけど、周りで不幸が続くと「あいつの祟りだぁ!」とビクビクしてしまう、「ごめんなさいぃ、お許しをー。」といって奉る。そこらへんの心理が興味深い。
060607_15500001

京都の北野天満宮にもいっぱい牛がいたなぁ、天神様には牛がつきものなんだな。

こんなことしてたので、御徒町で買い物する時間がぎりぎりになっちゃったじゃないかー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.08

ミネラルなお買い物。

今年もミネラルフェアに行って来た。
まずはこれ。
ダイヤモンドなのだ。全部で3カラット弱。
しかし、ダイヤと思えない透明感の無さ。
色とカットが面白いので、買いました。
Dia

古代ものらしきインタリオ。
なんの石かはわからん。いいのか、それで、、、。
Seal

おまけ。
マンモスの牙。
3_5

これら全部で、5万円弱。
なんか、地味な割にけっこうなお値段するものです、、、。
まぁ全部お仕事で使う材料ですけどね。
しかし、もっと華やかなもの買えんのかな、私。
と思った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.02

おかんとコラボる。完結編

出来上がったです。
ボタン。
6_2

直径40mmあるので、けっこうデカめのボタン。

洋服も出来上がってきた。
7_1

なかなか気に入った出来です。
8_2

んが、このボタンってさ、洗濯機で洗うと、ガショガショなって大変なのかな?
まぁ、布も色落ちするから、やさしく手洗いがよいのだろうな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »