« ベルリンアイアン、実験。 | トップページ | 黒に凝ってます。 »

2006.07.06

ベルリンアイアン、実験2。

で、漆を焼き付けてみます。
9_1

漆は東急ハンズで購入。焼き付けは、120度ぐらいで、一時間加熱すると説明された。
かぶれるので、くれぐれも注意するようにと。

10_1

思っていたより柔らかいです。これなら筆で塗りやすい。
テカテカ。

11_1

これを、120度から130度の間ぐらいで1時間加熱しました。
乾いたかどうか、ちょっと触ってみたら、まだベタつくとこがあったので、もう30分ぐらい加熱。


出来ましたー。
12

13

ガンブルーの方も漆かけてみた。
黒色が深くなって、すごくいいかんじ。どちらも遜色ない仕上がり。
保存状態のいいベルリンアイアンはちょうどこんな質感をしてます。
いける、これで錆びて色剥げたベルリンアイアン再生出来るよ!
ジュエリーなので、直接肌や洋服に触れるのが前提となると、何かでコーティングしておかないと、黒色が肌や服に付いたら大問題になってしまいます。ということで、これはよいのではないかな?と思いました。

ただし、ベルリンアイアンの当時の制作方法はいまいちはっきりはしません。
漆は使ってないと思うし、、、。

|

« ベルリンアイアン、実験。 | トップページ | 黒に凝ってます。 »

コメント

おぉ黒くてかっこいい!!
ベルリンアイアンのピアスとかリングがあったら絶対買いますんで、
ぜひ商品化おねがいします!

投稿: てす | 2006.07.06 20:15

漆を焼き付けるとしっとり感がでてて
すごくいいカンジになりましたね!!
漆の焼き付けって金属以外にも
出来るんでしょうか?
・・・たとえば漆喰とか・・・?
試してみなければ!!

投稿: tep | 2006.07.07 08:21

はじめまして、こちらのブログがきっかけで、Kenさんのところでオーダーをお願いした者です。 これ、「漆」でいいんじゃないかと思います。 

 15年ほど前なのですが、海外の方で「ベルリンアイアンを修復するので Ancient Japanese Bitumen が欲しいから、調べて送ってくれ」と言われました。
メタルフィギュアを生業にされていたアメリカ人です。

 当時わたしはベルリンアイアンもBitumenも何か判らず、彫金と化学薬品の専門の方にアドバイスをいただいて、日本で古くからあるタールみたいなもの。。という事で「本漆キット」を送りました。
 その後、その方からは配送の礼状が届いたのですが、修復は出来たけれど、漆にかぶれた。とありました。 こちらのブログを見てから、この方へメールを送ってみたのですが現在メアドが変わってしまっているようで、詳細を訊いてお伝えする事が出来ないようです。あまりお力になれずごめんなさいね。

投稿: ポン子 | 2006.07.07 17:24

はじめまして。

漆も焼付けができるんですね。
初めて知りました。
勉強になります。

以前、漆は英語でなんていうんだろうと思い調べたら
「lacquer:ラッカー」と出ました。
なので、姐さんのやり方であってるかと思います。

ではでは。

投稿: カウント・グレイ | 2006.07.09 05:34

漆焼き付け、成功ですね!
ちょっと気になっていろいろ調べてみたのですが、その時代ヨーロッパでラッカーと呼ばれていたものは、日本の漆を模倣して編み出した方法で、シェラックやコパール樹脂をアルコールで溶いて黒色の顔料を入れたもののようです。
さておき、熱して焼き付けの方法はもろに漆エキスが立ち上ってくるのでかぶれ要注意です。肌の露出を最小限でチャレンジして下さい。ま、かぶれても一皮剥けて角質ピーリングになりますよ♪
漆を塗った後に軽くバーナーであぶる方法もあります。
テカテカを押さえるなら、漆を塗った後布でかるく拭きとるといいと思います。呂色漆という鉄分で化学変化させた真っ黒な漆もあり、使い方は一緒です。
経過、楽しみにしてますよ〜

投稿: ごろんた | 2006.07.09 12:42

ポン子さん、カウントグレイさん、ごろんたさん。
有力情報ありがとうございます。
ベルリンアイアンを修理する場合、やっぱり仕上げは漆がよさそうですね。
漆は英語だとラッカーなんだー。なんだかイメージが違うなー。

漆がうっかり手に付いたりしたけど、全く平気でした。なんで?
でも調子にのってるとひどい目にあいそうなので、気をつけよう。

投稿: 罠兎 | 2006.07.13 19:02

はじめまして、MonkeyFarmからやってきました。
ベルリンアイアンってどんなものか知らず調べてみたんですが自分の解釈では
黒錆の事ではなかろうかと思います。
塗装技術が発達していなかった頃の錆止めの手法みたいで、鉄を再び熱し
表面に酸化物(黒錆び)を付けることで、灰色の鉄の色を青みがかった
黒色に変化させると云うものです。
(今更こんな事言ってごめんなさいm(_ _)m)

投稿: しもん | 2006.07.25 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67537/10809699

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンアイアン、実験2。:

» 東急ハンズで売上No.1 薬用シャンプー スカルプD [オーディション越後屋@情報商店街]
東急ハンズで売上No.1薬用スカルプD(ドクターズシャンプー・サプリメント)をオーディション越後屋がオーディションしました。東急ハンズで売上No.1の実積を誇る薬用シャンプーです。その [続きを読む]

受信: 2006.07.09 11:43

« ベルリンアイアン、実験。 | トップページ | 黒に凝ってます。 »