« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.31

お守り的なもの。

今回のは、バイオリンのケースにつけるプレート。
うまく演奏出来ますように。という神頼みというか、お守りというか、そういう意味合いのある物にしたいという注文でした。
1_6

ということで、バイオリンをモチーフにすることはすぐに決定。
でも、普通にバイオリンが彫られてるだけでは面白くないし、、、。
ということで、資料をかき集めていたら、ストラディヴァリのバイオリンの作図が載っている雑誌を発見。ストラディヴァリウスって有名なバイオリンだよね?
ということで、その作図を元にデザインをして見ました。
3_10

そして、裏面にはサンストーンを入れた。
2_10

音楽の神様関係のモチーフも入れたくて、音楽の神様ってなんだろ?と調べたら、ギリシャ神話だとアポロンなんですって。
アポロンは太陽神でもありますから、サンストーンを入れることに。色も元気が出るかんじですし。

というかんじで、出来上がったプレートです。
お守り的はアイテムというのも、調べたり作ったり面白いから好きなんすよねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.21

またもや手首が痛いのだ。

最近また手首が痛くて。前に行ってた整骨院は遠いので頻繁に行けないしなー。
4月に突き指した左手中指も曲げるとまだ痛いし、一回病院でレントゲンをとって見てもらおうかなー。
ということで、整形外科に行って来た。

で、手首は骨や関節に異常はないので、使いすぎだろうということ。
で、中指。
「ほら、ここ。ここにヒビが入ってた跡があるでしょ。もうくっついてるけど、ヒビが入ってたんですよ。」
と、レントゲン写真見ながら先生がおっしゃった。

先生「これ、かなり腫れたでしょ?」
私「ものすごく腫れてましたー。すごく痛かったしー。」
先生「だろうねぇ、、、。」
普通、その時点で病院行くだろ的な空気。先生、苦笑い。ついでに看護士さんも苦笑い。

まぁ、そんなこんなで、治りが遅いらしい。
痛かったら添え木しとこうか?と聞かれたとき、自作したシルバーの拘束具あるから大丈夫!とはさすがに言えなかったです。てへへ。
7_3

手首もなるべく動かさず安静にしてる方がいいと言われ、寝る時はこれ着けてと添え木を渡された。
でも、かなり大げさな見た目なので、日中は出来ないなぁ。手首用拘束具作る?

とにかく、これからは怪我したらとりあえず病院には行こうと心に誓った、2006晩夏。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.08.17

赤い何か。

さて、これはなんでしょう。
Photo_2

象牙です。
右は象牙の端材。だいぶ前に東急ハンズで買いました。たぶん今も売ってると思う。
左はそれを赤く染めたもの。
この赤く染めた象牙に彫刻すると彫ったとこは白い象牙の色が出て、綺麗な模様になるなー、ということ。


象牙を赤、青、緑の染料で染め、揆ね彫を施して文様を表す技法 のことを撥鏤(ばちる)と言います。
正倉院の宝物にこの技法で作られた碁石があって、とても綺麗。
江戸時代の櫛とかにもこの技法で作られたものがあります。

やってみたいぜ、と思いまして、正確な技法はよくわからないので、とりあえず染料で染めてみた。
Photo_3

蘇芳 (すおう)という染料で染めるという話も聞いたことあったのですが、手元にあったインド茜で染めました。この枝みたいなのを煮だして、そこに象牙を入れてしばらく弱火でコトコトしたら見事に赤くなりました。草木染めは、布を染める場合は媒染剤入れないと綺麗に染まらないけど、今回は何もいれなくても綺麗に色が着きました。
これで、帯留めとか、簪とか、リングとか作ったら面白いそう。
と思いつつ、どんな模様彫ろうか迷って、なかなか彫刻出来ない。最初は失敗しそうだしなー。
うー、何を彫ろうか。候補は蝙蝠、鳥、など。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.09

猪。

あ、そうそう。
父の日用のキーホルダーを忘れてた。
結局、馬蹄のキーホルダーにしました。
猪です。父の干支だから。
Photo_1

2_6

どうやって使うのか、さっぱりわからないようだったので、丁寧に通し方教えました。
これを通したり外したり出来なくなったら、ちょっとボケてきたという危険信号だな(笑)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.08.05

ちょっと沖縄気分。

今日は暑い!
が、このクソ暑い中、お昼ご飯はソーキそば。
友達(沖縄出身の肝っ玉母さん)が井の頭公園の中の茶店で、ソーキそば屋を始めたので食べに行ったのさ。
1_4

ここです。

ソーキそばです。
2_9

外で食べるのも美味しい。
めちゃ汗かいたけど、気持ちいいです。
ここのソーキは甘辛く煮てないのですが、私はこの方が好き。
土日のみの営業ということだけど、仕込みはけっこう大変そう。
3_9

他にも、軽食やお酒、おつまみもあるので、今度は夜に行ってみよう。
ちょうど、公園で三線を弾いてる人がいて、ちょっと沖縄気分になったのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.03

どうも納得いかない。

私は左利き。
で、この前、新宿の東急ハンズに行ったら、左利き用の鋏とか、刃物とかを集めた売り場が出来ていたのさ。おお!これはうれしいぞ!左用のノギスも売ってるかな?と探したら、ありました。
ありましたけど。
060803_18080001

12,705円って、なんかものすごく高くないか?ノギスってこんなに高かったっけ??
と思って、同じメーカーの同じ型の普通に右利き用の値段をみたら、5,000円ちょっと。
左利き用は倍以上の値段するのよっ!
ノギスは頻繁に使うものだし、店では左利き用買って使ってるけど、家用にもう一個欲しいなぁと思ったら、この値段。店で使ってるの買ったのはかなり昔なので値段はさっぱり覚えてなかった。

本当は、左利き用のヤスリというものも欲しいのです。注文すればあるのですが、やはり普通のより4割から5割高いの。
今何本かは持ってるけど、そろそろ切れなくなったので買い替えたいの。
出来れば、一揃い欲しいの。
左利きで彫金やってる人はわかると思いますが、普通のヤスリだと、やすった跡がストライプ模様になって仕上げが面倒なんすよ。
でも、高いのだ、左利き用は。
この前髪切りに行った時、美容師さんにも、左利き用のハサミってあるの?と聞いたところ、あるけど普通のより高いから左利きの人は大変だ。と言っていた。

まぁ、需要が少ないから割高になるのはわかるけどさー。
わかるけど、納得いかん。
と思ってる左利きは多いはず!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »