« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

猫の恋。

今回の新作は、春っぽい季節感を出したいなー、と考えていました。
というか、春夏秋冬でそれぞれ新しい商品を出して行きたいと思ってまして。
そして、それなら季節感あるものにしたいなぁと。
でも、梅や桜だとその時期しか使えないしなぁ、と色々考えていたら俳句の季語に面白い言葉があることに気がつきまして。春の季語を見たら「猫の恋」というのがあって、猫ならそんなに季節限定されないな、ということでこれのなったんです。ようするに猫の発情期ってことなんだけど、昔の人はうまいこと言ったなぁ(笑)。
この猫は鯉に恋する女の子ってことで、よろしく。
8

なの花にまぶれてきたり猫の恋 小林一茶
もうちょっと色っぽいのだと、
猫の恋止むとき閨の朧月 松尾芭蕉

普段は仕事で西洋のアンティークジュエリーを扱っていて、それはそれですばらしいものが沢山ありますが、こういう日本人の感覚ってのも捨てた物ではないなーと思います。
という心境なので、思いっきり根付の影響受けたものが出来上がりました。

12

そして銅の鯉が山盛りなので、鯉の滝登りピアスも作ったよ。
鯉の滝登りイヤーカフもいいんじゃない?という意見もあったので、年明けに作ってみよう。

と、そんなこんなで、よい春が迎えられることを祈りつつ、皆様今年も一年ありがとうございました!
何やら作る物が益々マニアックで独りよがりになってきてますが、あまりに行き過ぎた時は軌道修正するけれど、暫くこんなかんじでやって行く所存でございますー。
来年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (6)

2008.12.29

出来たー。

そんなこんなで、色あげした猫と鯉を組み合わせて、出来上がりました。
組み合わせるのも、ちまちま調整したりけっこう時間はかかってますが、面倒なのでいきなり完成写真。
こんな顔してますが、女の子だよ。
1

とりあえず、ありとあらゆる角度から撮った写真を。
2

3


4


5

哀愁の背中(笑)。
6

このぐらいの大きさです。
7

尻尾にチェーンが通ります。
8

ということで、たぶん2月ぐらいに販売開始予定ー。

| | コメント (8)

2008.12.27

大根登場。

ということで、猫の目を金で作ってはめ込んだり、鯉と猫を組み合わせるためのパーツを取り付けたりという作業を終わらせまして、いよいよ三毛の色を付けていきます。

4

大根おろして、漉して汁だけにします。
猫は重曹で磨いて、油っけを取ります。んで、大根汁に浸けた後水洗い。
それをこの怪しい色の液で煮ます。この怪しい液体は硫酸銅と緑青を水にとかしたもの。
5

うまいこと色が出るのか、ドキドキですわ。

ということで、間もなく完成ー。


| | コメント (2)

2008.12.26

猫制作中。

ということで、シルバーの猫に三毛の模様をつけたい。
ので、赤銅と銅を模様に切って猫の体にロー付けします。
色上げすると、赤銅は黒、銅は赤茶色になります。
でも最初の見た目はほとんど同じ。
6

細長い方が赤銅。赤銅は純銅に数パーセント純金を混ぜた合金。

3

ロー付けした。見た目は同じ銅色。

そして、鯉は赤色にしたいので、また別の方法で色を付けます。
銅の鯉を真っ赤になるまで熱して、そのままジュッとほう砂の水溶液に浸けると、こんな鮮やかな赤い色になるのです。
7

うーん、昔の人ってすげー。

ということで、まだまだ作業は続く。

っていうか、クリスマスイブは気が付いたら10時間ぐらいずっとこんなことやってた(笑)。
ケーキぐらい食べよー。


| | コメント (2)

2008.12.25

メリークリスマス。

クリスマスとはいえ、今年は何だか不況まっただなかというかんじですねぇ。

とはいえ、こちとらマイペースにやっていくしかないんですが。

ということで、ここ何日かは全くクリスマスらしからぬ物を作っております。新作作りに燃えてます。なんとか年内にサンプル完成させるぞい。

1

銅で鋳造した鯉の山。今回はどうしても銅で作りたかったのですが、
純銅の鋳造をしてくれる鋳造屋さんが見つからず困っていたのです。が、鯉20個からなら銅で鋳造してくれるとこがあったので小躍りして喜んでやってもらったけど、見た目気持ち悪い(笑)。

2

そして、この猫と鯉を組み合わせてペンダントになります。猫は三毛猫にしたいので、この後まだまだ作業は続く。

| | コメント (5)

2008.12.14

透明標本。

池袋サンシャインでやっているミネラルショーに行ってきました。
買った物、これ。
Hyouhon1

透明標本だそうだ。これはメジナ。
Hyouhon2

タンパク質を酵素によって透明にし、赤骨を赤紫、軟骨を青色に染色するっていう骨格研究の手法で作ってるんだって。他にもカエルとか大きいものもあったけど、高いしちょっとグロかった。このぐらいちっさいと可愛いな。瓶をもっとかっこいいものに入れ替えたいなぁ。

あれ?今回これしか買ってないや。
石買うの忘れた。


| | コメント (12)

2008.12.08

良く見たら愛嬌がある、ような気がする。

Buneko

今、オーダーで猫のリング作ってるんです。モデルはエキゾチックショートヘアという種類の猫。
この写真の猫な。
ちょうど店の若いもんが吉祥寺の猫カフェに行くっていうので、「エキゾチックショートヘアが居たら写真撮って来てちょ」ということでこの写真。この猫写真集も出ている人気者らしい。
私としては細身の猫が好きなんだけど、ワックス彫るためにここのところずっと見てたら、けっこう可愛く見えて来たぞ。これはクリスマスに間に合うように作っています。

丁度、新しい商品も猫にしようと思って作りかけてるとこなので、12月に入ってからは猫三昧。猫いいよねぇ。
でも新作の猫はちょい化け猫顔してる三毛猫。たぶん可愛くはない。可愛い猫は作る気ないし。でもあまりに不気味な場合はボツにします(笑)。

| | コメント (10)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »