« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.24

運動不足解消。

いい加減運動不足過ぎなのを何とかするべく、テニスの壁打ちしてみることにしまして。
家から徒歩20分ほどの公園に壁打ち場があることがわかったので行ってみました。

公園といっても隣を流れる川が増水した時は貯水槽になるという場所なので、一段低いところにコンクリートの広場があるってかんじ。
Kouen

そういう場所なので、暑い暑い。久々に運動したせいもあって一時間ぐらいやったら汗だくになりました。しかも十数年ぶりにラケット持ったので、へんなとこボール飛んじゃって他の人の邪魔にならないかなとドキドキ。
でも、隣で壁打ちしてた人に上手いですねーと言われてちょー気分良くなってしまった。そして俄然やる気が出てしまった(笑)。
体動かすと楽しいし、しばらく壁打ちブームが続きそう。

| | コメント (4)

2009.06.23

今日は蒸し暑かったですしね。

今日は蒸し暑かったです。
またもや面白い格好で爆睡してたよ。
Nora3

これ、体半分ずり落ちてるのですよ。
Nora4

昼に通りかかるとついついカメラを向けてしまう。
猫飼いたくなるなぁ。

| | コメント (4)

2009.06.20

ダラけ過ぎー。

吉祥寺の一角に住んでいる野良猫。いや暑いのはわかるけども。
Nora2

しかし、よくこんな幅の狭いとこで寝られるなぁ。

Nora

オスだね(笑)。

| | コメント (6)

2009.06.16

波に兎。いきなり完成品

マッチケースになる予定のこの板。
Silver

3月以降なかなか時間がとれず放置していましたが、ここのとこ仕事が一段落したので一気に作っちゃいました。
おお、箱になっている。
Kansei

サイズは飲食店などに置いてあるご自由にお持ち下さいマッチと同じ大きさ。
Kansei2
波に兎という模様は火伏の意味があるんだって。昔の火事装束や蔵印にも使われていたんですと。
火の用心の意味を込めてこの模様に。

裏にマッチストライカーを貼って使うのです。
Kansei3

当初の予定としては、内側にも引き出しの箱作って、ほんとにマッチ箱のようにして、外箱のお尻(下面)に穴をあけてそこから指で押して内箱をスライドさせて出す、蓋は付けるけど、蝶番にバネを仕込んで内箱押せば開くけど、戻せばバネで勝手に閉じる。というのを作るつもりだったのです。
だから外箱の下側に意味のない穴(革貼って塞いでる)が開いているのです。
でも、バネの仕込み方がよくわからなくなってしまい、なんだかんだ悪戦苦闘してたら、夜が明けてしまったのでやめました。なんか、バネと格闘していたら外が白々と明るくなってるのに気が付いてちょっと我にかえってしまった(笑)。
ちゃんと仕込み方思い出してからリベンジします。

まぁ、これは自分で使う用に作ったので、だいぶ荒い作りになっていますが、今後はこういうジュエリー以外の小物も商品として作っていきたいなぁと思ってます。

喫煙具なんて世の中の流れに逆らったもの作りましたが、煙草入れとか煙管とか昔からの喫煙具の文化は残しておきたいなぁと思ったりする訳です。

次はフリスクケース作ろうかなー。

| | コメント (4)

2009.06.12

買った物。

先日のミネラルフェアで買ったもの。
今回はあんまり収穫がなかったけど、綺麗な翡翠は買いました。
金魚さん。
Kingyo


裏は蓮の葉かなぁ。
Kingyo2

透明感もあって、涼しげなグリーンで大きさもいいかんじ。
なので、またペンダントにします。
Kingyo3jpg

それと、蝙蝠さん。
Komori

裏はたぶん古銭だと思う。
なにやらお目出度いモチーフらしい。
Komori2

これも透明感あるブルーグリーンで綺麗ですよ。
ということでこれもペンダントにする。この夏は翡翠フェアにしますよ(笑)。
Komori3

にしても指汚いなぁ。
先日ドリル刃が滑って指に穴開いた。地味に痛いです。


| | コメント (3)

2009.06.06

もうすぐ梅雨ですかね。

あじさいも咲いてますな。
すっきりしない天気のせいで体調もいまいち。

Ajisai

ということで、今日は東京国際ミネラルフェア行こうと思っていたのに、うだうだとしていたら行けんかった。明日行きます。でも混んでるんだろうなぁ。

ということで新宿第一生命ビル1F スペースセブンでやってますので、興味のある方は行くと面白いですよ。身動き出来ないほど混んでるかもですが。

| | コメント (3)

2009.06.02

18金を作る。

18金の地金の物を作るときは、18金の地金を買う場合もあれば、自分で調合して作る場合もあります。
今回はちょうど純金があったので、自分で調合。
18金(純金75パーセント、あとの25パーセントは銀と銅)で、混ぜる銀と銅の割合を7対3にした、赤みの少ない青金って呼ばれるやつです。

ちょこ皿というお皿に計量した金銀銅をいれます。
Hyoutan2

溶かした地金をこれに流し込んで棒状にするのです。あけ型といいます。鉄製です。
Rimg0482

写真撮りながらだと難しいー。
これはもう液状になってますので、火を当てたまま皿ごとピンセットで持ち上げて
ざっとあけ型に流し込む。
Rimg0483

おお、うまくいった。
Rimg0485


で、これをハンマーで叩いて叩いてローラーで延ばしたりして必要な大きさや長さにしていくのです。
Rimg0486

金やプラチナは大体こんなかんじで自分で必要な板や棒にします。
プラチナはあけ型には入れないですが。融点が非常に高いので鉄製のあけ型にはくっついてしまうのです。溶かしておまんじゅうのような形になったのを叩いて叩いて叩いて根性で棒状にします。

ハンマーで叩くのはそんなに力はいらないけど、中腰で屈むから腰痛いときはちょっと辛い。
ここのとこ、また腰の調子良くないですよー。天気悪いからかな?

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »