« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

管狐。

昨日で仕事納めでした。
美術館での展示準備してました。
いつもはほとんど一人で作業する仕事してるので、人がたくさんいることに慣れていない。
そして、いい歳して人見知り職人なので、黙々と作業する寡黙な女となっておりました。疲れた(笑)。
ということで、渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで年明け2日から始まる「愛のヴィクトリアンジュエリー」展をどうぞよろしくお願いします。


そして、今年最後は、オーダーメイドで作った管狐さんです。


Dscn0009

今回はデザインはオーダー主さんがしていて、私の使命はそれをイメージ崩さず立体にすること。
そのデザイン画がすごく上手くてわかりやすくて、私もこのぐらい絵がかけたらなぁと羨ましくなってしまったのでした。


Dscn0014


大きさは2.5cmぐらい。
ワックスで胴体と尻尾を別々に作って、銀になってから合体してあります。
目はエメラルド。

Dscn0013


Dscn0015


Dscn0017


中々納得した出来にならなくて、ワックスを作り直したりしましたが、イメージ通り仕上がったと思います。
やっぱりワックス彫りは楽しいです。
私も自分デザインの管狐作ってみたくなりました。いきなり影響されて狐の新作とか作るかも(笑)。

ということで、今年もいろいろ楽しく仕事出来ました。ありがとうございましたー。
来年もどうぞよろしくお願いします!!

良いお年を!!!

| | コメント (2)

2009.12.25

メリークリスマス。2009

表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活。って言ってたので、タガネの教室(青山にある)の帰りに表参道通ってみました。ヒコみずの(彫金の専門学校)に通ってた頃は表参道はイルミネーション毎年やっててすごく綺麗だったという思い出があります。特に歩道橋から見るとずーっと奥まで見渡せて、綺麗でしたよー。
が、今回私が通った時は、青山通り寄りの歩道橋が通行禁止。他の歩道橋には警備員がいて「立ち止まるの禁止!」と言ってました。厳戒態勢で、あまりイルミネーションを楽しむってかんじじゃなかった。
あまりのガードの堅さに「自意識過剰な女かよっ」と思ったのでした。まぁ、事故があったら大変だからしょうがないのだろうなぁ。
Ca3a0083

ということで、イルミネーションの写真は撮れなかったのでしたー。メリークリスマス!

| | コメント (2)

2009.12.17

支える蛙達、リング。

那須は寒かったっす。でも温泉は気持ちよかった。腰痛にも効く気がしますー。

ということで、今回のはオーダーメイドのリングです。
7mm四方ぐらいの石を蛙が支えてるってデザインです。石はローズクォーツかな。

Dscn0002

勢いで、蛙が石を支えてるデザインにしたはいいけれど、蛙の小ささに作りだしてからびっくりしたよ。
びっくりしたけど、後に引けないし(笑)。
Dscn0006

ということで、リングと蛙の体と足と葉っぱはワックス一体化で作りましたが、蛙の手は銀になってから、銀で作った手を付けました。全部ワックスは私には無理でした。

Dscn0003

蛙モチーフが良いということだったので、この石なら絶対このデザイン!と思ったんですよ。
Dscn0005

Dscn0008

サイズが9号で指が細くて長い方なので、ゴツくならないように気を付けました。
満足いく出来になりました。
ということで、やっぱり勢いは大切。

でも、来年はもう少し計画的な人になろうかなぁ。

| | コメント (4)

2009.12.09

那須に行って来ますー。

今日は柳家小三治独演会に行って来ました。楽しかったー。
自分へのクリスマスプレゼントという名目で柳家小三治DVDBOX(3万円ちょっと)を買ってしまいそうな勢いです(笑)。
で、明日朝からは那須のアンティークジュエリーミュージアムにジュエリーのお手入れしに行って来ます。一泊するからせめて温泉には入りたい。
1月2日から渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催される「愛のヴィクトリアンジュエリー」という展覧会に出品させるジュエリーをお手入れする仕事。

その展覧会の準備は12月21日,22日,28,29,30日と続きます。
ということで、12月はなかなか忙しいかんじです。

Rimg0936_2

関係ないけど、上野の銀杏はでかい。キノコみたい。

| | コメント (2)

2009.12.03

師走です。

もう12月ですねー。
一年経つのが早い。年々早くなる。
Rimg0932

ちょっとクリスマス気分をだしてみた蛙さん。

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »