« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.29

お染と金蔵。

根付の新作です。「お染と金蔵」
1

「お染と金蔵」っていうのは、落語の品川心中という噺の登場人物です。
品川心中のあらすじはこちらをご覧頂くのがわかりやすいかなと思います。
そんなこんなで勝ち気なお染さんは人気がなくなって惨めな思いをするぐらいなら死んでしまおうと思うわけですが、それなら心中にしようとお客さんの中から心中相手を選びます。白羽の矢を立てたのが貸本屋の金蔵。まぁ、ちょっとお馬鹿な男子です。
その金蔵がうまいこと丸め込まれて心中を了解して「よし、あの世で夫婦になろう。蓮の葉の上で所帯を持とう」と言うと、お染は「アマガエルじゃないんだから」なんて返します。
というのがモチーフになってます。

お染は蛙。
2
金蔵はカタツムリ。
3

4

口を開けて紐を通せるようになってます。紐が赤いのでちょっと吐血っぽい(笑)。
5

蛙の背は真鍮、腹はシルバー、蓮の葉はブロンズ、カタツムリの体はシルバーで、殻は真鍮。
蛙の目はペリドットで裏に金箔を貼っています。
6

根津の根付屋花影抄にて販売予定です〜。
どうぞよろしく〜。

| | コメント (2)

2012.01.13

今年もよろしくお願いします。

寝正月を過ごして、すっかり体が鈍ってしまいまして、リハビリついでにちょっと骨董市に行って来ました。骨董市といっても東京ビッグサイトでやっていた骨董ジャンボリーというイベントで、とても沢山のお店があって全部をじっくり見て回るのは無理でした。
主に和骨董のお店を覗いて、こんなもの買っちゃいました。

蝙蝠の前飾りの付いた煙草入れ?蝙蝠が可愛いくて一目惚れ。
Image1

Image2

芯が一本折れていて布も破れていたので、とても安かったのです。
裏を見ると銅で出来てるようです。
たぶん、プレスか電解鋳造で出来た量産物だろうなぁと思いますが意匠が素敵なのでそこはあまり気にしなーい。量産というと印象が悪いですが、金色の部分は金消しで金を着けているみたいだし、丁寧に作ってあると思います。
修理して帯留めにしてみようかなぁ。
Image3

あとは更紗の古裂(古布)を買いました。これは作った根付を入れる小袋作ろうと思ってます。
そして、
試しに作って見た。
Photo

蛙なので、蓮の模様の布。
この蛙は近日完成披露いたしますよ〜。ケロケロ。

そんなこんなで相変わらずですが、今年もよろしくお願いします〜。

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »