« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.28

トレンブランブローチの構造

先日、東京国立博物館表慶館で開催中の「アート オブ ブルガリ  130年にわたるイタリアの美の至宝」
展を観て来ました。ということで久しぶりにアンティークジュエリーについて。

ブルガリ展、トレンブランブローチというものが何点か展示されてました。
アンティークジュエリーではおなじみの機構のブローチですがどんな物かというと、花と葉のついた小枝のようなデザインで花の下に小さなバネを仕掛けて身に着けた人が動くと花がふるふると揺らめくという仕掛けになっているブローチです。Googleの画像検索を見ると分かり易いかも。

ふるふると繊細に震えることで花にセットされたダイヤがキラキラ煌めくという仕様なのですね。
1800年代に流行ったスタイルで、蝋燭の灯りの下でとても綺麗に煌めいたのではないかと思います。
ブルガリ展のトレンブランブローチは1960年制作のものでアンティークとは少し違い宝石がメインの作りになっています。

花の下にバネ仕掛けといっても展示されているものは裏側は見ることが出来ないし、展示中は揺らすことも出来ないのでどうなっているのかよくわからないと思います。

ということで以前作ったバネ仕掛けの制作過程見ながら機構を説明していきます。

アンティークのトレンブランブローチはその仕掛けの部分が壊れたり、無くなってしまったりということが多々あります。なのでバネ仕掛けの部分を直したり、新たに作ったりします。
トレンブランの機構はいくつか種類がありますが、今回はブルガリのブローチと同じ作りであろうという
もので説明します。

花の下の箱の中に時計のゼンマイのようなコイル状のバネが入ってます。ブルガリのブローチも横からみたらこの箱が見えました。
Photo

このネジを芯にしてバネを巻いていきます。横のパーツは後で使う。
Photo_2

バネを巻き巻き。このバネの厚さも取り付ける花の重さ等で調整しないと繊細な動きになりません。
とにかく微調整が難しいです。根気あるのみ。
Photo_3

巻いては揺れ方をチェックして調整を続けます。
Photo_4

バネ調整後、箱にセット。箱の大きさとバネの強さも動きに関係します。
Box

こんなかんじで箱完成。ネジの横にあったパーツは簡単に言うとバネの動きを制御するためのもの。
箱に入れてからも微調整を繰り返すかんじ。
2

完成したらネジで取り付けます。
2_2

といった作りになってるんですね。作るパーツも多くないし、難しいものはないけれどとにかく調整に根気がいる仕事です。
これはかなりいい揺れ加減に出来上がりました。動画をお見せ出来ないのが残念。

トレンブランブローチを見かけたら、こういう構造になってるんだなぁと思ってください。
見えない機構の部分ですが、とっても繊細に作られているんですよ〜。


| | コメント (2)

2015.10.20

チョウチンアンコウ改め、『かかあ大明神』根付

チョウチンアンコウのオスの体長はメスに比べてびっくりするほど小さいらしい。そして大きなメスの体にひっついて最終的にはメスの体に吸収されてしまう種類アンコウもいるらしい。という話から思いついて作ったのがこの根付です。
Photo

2

さすがにメスに吸収されてしまう姿は可哀想すぎるかなということで、口の中に鎮座しています。
おっきな奥さんの口の中、ちんまり鎮座している旦那さん。
尻に敷かれていると思いきや、かかあ天下が円満の秘訣。
「かかあ大明神のおかげだ」と元気に暮らす旦那アンコウなのです。

満更でもない表情の旦那アンコウ
Photo_2

チョウチン部分はブルームーンストーン。
2_3

石の下に蓄光パウダーを入れてあるので、しばらく光にあてた後、暗闇でぼうっと光ります。
Photo_5

目はブルートパーズ。下地が金色なので綺麗な薄緑色に見えます。
八方睨みの目なので正面から見るとちょっとより目。
Photo_4


2_2

紐穴。
Photo_3

こんな風に提げても使えます。
Photo_6

根津の根付屋花影抄
で取り扱ってます。まだ納品したばかりなのでサイトにはアップされてませんがお気軽にお問い合わせしてくださいませ〜。


| | コメント (0)

2015.10.08

ふぐ・ふく・福、ペンダント。

福ふくペンダントです。
前回の緒〆のペンダントバージョン。チェーンの長さは45cmです。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

価格は28,080円(税込)です。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »