« ふぐ・ふく・福、ペンダント。 | トップページ | トレンブランブローチの構造 »

2015.10.20

チョウチンアンコウ改め、『かかあ大明神』根付

チョウチンアンコウのオスの体長はメスに比べてびっくりするほど小さいらしい。そして大きなメスの体にひっついて最終的にはメスの体に吸収されてしまう種類アンコウもいるらしい。という話から思いついて作ったのがこの根付です。
Photo

2

さすがにメスに吸収されてしまう姿は可哀想すぎるかなということで、口の中に鎮座しています。
おっきな奥さんの口の中、ちんまり鎮座している旦那さん。
尻に敷かれていると思いきや、かかあ天下が円満の秘訣。
「かかあ大明神のおかげだ」と元気に暮らす旦那アンコウなのです。

満更でもない表情の旦那アンコウ
Photo_2

チョウチン部分はブルームーンストーン。
2_3

石の下に蓄光パウダーを入れてあるので、しばらく光にあてた後、暗闇でぼうっと光ります。
Photo_5

目はブルートパーズ。下地が金色なので綺麗な薄緑色に見えます。
八方睨みの目なので正面から見るとちょっとより目。
Photo_4


2_2

紐穴。
Photo_3

こんな風に提げても使えます。
Photo_6

根津の根付屋花影抄
で取り扱ってます。まだ納品したばかりなのでサイトにはアップされてませんがお気軽にお問い合わせしてくださいませ〜。


|

« ふぐ・ふく・福、ペンダント。 | トップページ | トレンブランブローチの構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふぐ・ふく・福、ペンダント。 | トップページ | トレンブランブローチの構造 »